税金ってなんだろう?


もし税金がなかったら…

税金がないとどうなるかな?実は税金がないとこんなに困(こま)ることがあるんだ。

 わたしたちが納(おさ)めた税金は、みんなが安全・快適にくらせるように公共施設(しせつ)や、さまざまなサービス、学校などで使われていることがわかったね。じゃあ、もし税金がなかったらどうなるのかな?今まで当たり前だったことができなくなったり、困(こま)ってしまうことがたくさんあるんだ。

税金がないと、こんなことが起きてしまうんだ…

火事になっても消防車が来ず、火を消せない

急病人がいるのに、救急車をよんでも来ない

ごみの収集(しゅうしゅう)がないので、まちがごみだらけに

教科書やつくえ、黒板などがないから授業ができない

警察官(けいさつかん)がいないので、まちの安全が守れない

病院代が高くなってしまう


税金がないとみんな困(こま)っちゃうね。 学校もなくなっちゃうかもしれないんだ!!

ステップアップ!ほかにも税金がないと困(こま)ることを考えてみよう!

税金がないと、水道の水が飲めなくなったり、市バスや地下鉄が走らなくなったり、みんなが遊ぶ公園の遊具がこわれても修理できないなど、ほかにも困(こま)ることがたくさんあるよ。どんなことがあるか、みんなで考えてみよう。

税金がないと困(こま)ることがわかったかな。どうして税金が大切なのかおさらいしてみよう!