税金ってなんだろう?


税金はくらしやすいまちをつくるための社会の会費

税金はみんなで社会を支えるための「会費」のようなものなんだよ。

 税金は、みんなが安全で快適にくらすために使われていることがわかったね。言いかえると、税金はみんなの役に立つものをつくったり、みんなのくらしを良くするために少しずつお金を出し合う、社会の「会費」のようなものなんだ。わたしたちや会社が納(おさ)める税金は、毎日の生活にとても深くかかわっていて、欠かすことができないものなんだよ。

みんなでお金を出し合うことで、わたしたちの生活は成り立っているんだね。 給料から会費をはらう 会社の利益から会費をはらう 物を買ったとき会費をはらう みんなの安全を守る活動に会費を使う みんなが快適(かいてき)に安心して暮らすための活動に会費を使う みんなが支え合い豊かに暮らすための活動に会費を使う みんなが納(おさ)めている税金で、快適なくらしを支え合っているんだね。みんなで支え合うための税金はいつからあるのかな?応用編を見てみよう。

くわしく知りたい人は、ここをクリック!応用編へ