大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号00F0000161
原語日本語
執筆年1997
和文標題下水の高度処理水を利用した水環境創造
英文標題-
著者名-
団体著者名大阪市下水道局
所属機関名-
資料名下水道技術報告集(平成8年度)
ページPAGE.516‐528
ジャンル河川事業,下水処理,リサイクル
抄録文大阪市では12箇所ある下水処理場のうち,4箇所で高度処理を行い処理水を再利用している。そのうち中浜,平野下水処理場からは修景用水として高度処理水を外部へ供給し,水辺環境の創出に貢献してきた。本稿は以下の事例を紹介した。1)大阪城壕用水への再利用(中浜下水処理場の2次処理水の一部を重力砂ろ過し,泡沫分離によるABS除去後,約3000m3/日を注水)。2)平野川分水路せせらぎ復活(2次処理水を急速砂ろ過でBOD10mg/L以下として送水)。3)今川・駒川の修景用水(平野下水処理場高度処理水利用)。4)細江川修景用水(平野下水処理場高度処理水利用)。5)平野下水処理場修景施設(砂ろ過水を凝集剤添加生物膜ろ過でさらに浄化,ほたるも飼育している)。6)海老江下水処理場修景施設(下水道科学館を場内に整備し,PAC凝集,セラミックろ過(MF),2段RO処理水を修景に利用)。