大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号01F0000083
原語日本語
執筆年1997
和文標題フラクタン国際会議に出席して
英文標題-
著者名村上洋
団体著者名-
所属機関名大阪市立工業研究所
資料名海外からの技術情報
ページPAGE.72‐75
ジャンル-,工業研究,国際会議
抄録文1996年7月21日から24日までアメリカ合衆国ユタ州のLoganにあるユタ州立大学にて行われた第3回フラクタン国際会議に出席した。世界22カ国から約100名の参加者が集まり,口頭発表43題,ポスタープレゼンテーション57題が発表された。演題の内容は植物生理学,酵素,遺伝子操作,糖質の構造など多岐にわたった。フラクタンはフラクトースからなる多糖で,主に主鎖がβ-2,1-フラクトフラノシル結合からなるイヌリンタイプのものと,β-2,6-フラクトシル結合からなるレバンタイプのものがある。植物起源のものでは,β-2,1-フラクタンのイヌリンが代表的で,ヨーロッパではキクイモやチコリとして大量に栽培されている。微生物起源のフラクタンとしてはβ-2,6-フラクトシル結合を主鎖に,β-2,1結合を側鎖に持つレバンが知られている。次回は2000年にスイスのBaselで開催の予定である。