大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号01F0000221
原語日本語
執筆年1999
和文標題脱水ケーキの埋戻し土への有効利用調査について
英文標題-
著者名北川勝義、杉村昌明
団体著者名-
所属機関名大阪市水道局_大阪市水道技術協会
資料名第50回 全国水道研究発表会
ページ2p
ジャンル-,浄水処理,リサイクル
抄録文浄水場排水処理で発生する脱水ケーキを配水管工事の路床として有効利用するため,修正CBR30%以上の強度を達成するための各種安定剤の混合比を求めることを目的とした。薬注加圧脱水ケーキと無薬注天日乾燥ケーキに山砂または川砂,普通セメントまたは特殊セメントを混合し,材料試験を行った。予備試験で,両セメントに有意差はなく,川砂より山砂が高い強度を与え,山砂5%,セメント15~18%で概ね良好な強度が確保できた。セメントの土中での固結現象を避けるため,山砂を10%に増し,セメントを減らした実験では修正CBRが30%を下回り,試料によって強度にバラツキがあった。バラツキの原因は山砂の品質の違いによると判断された。山砂に替え品質の安定した再生砕石を利用した試料(セメント10%,砕石10,20,30%)では全て修正CBR30%を上回った。