大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号02F0000240
原語日本語
執筆年2001
和文標題建設業界における廃棄物のリサイクルへの取り組み
英文標題-
著者名滝田裕久
団体著者名-
所属機関名鹿島建設
資料名生活衛生
ページPAGE.29‐35
ジャンル-,リサイクル,廃棄物処理
抄録文建設業の廃棄物排出量は全産業の25%を占め,その再利用率向上に向け,業界を挙げて鋭意取組み中である。その取組みを紹介し,資源循環型社会の構築に向けて,建設業界が果すべき役割と取組みを述べた。1995年度における建設廃棄物総量は約9900万トン,その73%がコンクリート塊とアスファルト・コンクリート塊,以下建設汚泥,建設混合廃棄物,建設発生木材となっている。前2者のリサイクル率は70~80%で比較的高いが,以下は十数%程度で,2000年目標には程遠い現状である。建設廃棄物の最終処分量は1990年度に4408万トンであったが,2005年度には1400万トン(1990年度の68%減),2010年度には900万トン(同80%減)に削減する目標を設定し,リサイクルに取組んでいる。業界ではリサイクル推進懇談会において,循環型社会の主導的産業となることを宣言し,積極的に責任を分担する所存である。