大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号02F0000244
原語日本語
執筆年2000
和文標題大阪市における水循環システム
英文標題-
著者名西崎柱造、芳倉太郎
団体著者名-
所属機関名大阪市都市環境局千島下水処理場_大阪市立環境科学研究所水環境課
資料名生活衛生
ページPAGE.53‐54
ジャンル-,下水道業務管理,リサイクル
抄録文地球を取巻く水は常に自然循環を繰り返している。近年,温暖化等により,この水循環が影響を受け始めているが,これを護るには環境保全が重要である。さて,大阪市でも規模こそ違え,水循環は重要である。その現在の傾向を概観した。人工と自然の水循環の量的な関係を調査したところ,大阪市における上水道,工業用水道等の用水量は年間5~6億m3に対し,市域の降水量は2億7600万m3で,必要量の約半分にすぎない。しかも降水量のうち5900万m3は自然の蒸発散により大気に戻っている。必要量の残りは琵琶湖淀川水系に大きく依存している。また1億4600万m3もの大量の地下水が下水管内に侵入している事実がある。これは地下水採取の法規制により,昭和37年以後地下水位が上昇に転じたことも原因の一つと推察される。このように,自然の水循環システムへの影響に配慮した水利用,再利用の総合的な制御方法の検討が重要な課題である。