大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号04F0000081
原語日本語
執筆年1999
和文標題第12回日米橋梁ワークショップに参加して
英文標題-
著者名井下泰具
団体著者名-
所属機関名大阪市建設局区画整理部放出土地区画整理事務所
資料名大阪市建設局 業務論文報告集 第4巻 (第1分冊) 第2編 海外研修報告等
ページPAGE.149‐154
ジャンル-,国際会議,橋梁事業
抄録文建設省土木研究所が中心となって開催している標記ワークショップについて報告した。ワークショップでは全27編中,16編の論文が地震に関連していた。アメリカ側は新橋に関する論文は無く,維持管理,補修補強についての論文のみであった。大阪市からは中島新橋に採用したアクティブ/ネガティブ併用の振動制御装置について発表した。スタディツアーでは,NCEER(National Center for Earthquake Engineering Research)とCalspan Research Facilityを視察し,コロンビア大学における構造物のライフサイクルに着目したブリッジマネジメントシステムの講義を受講し,Weildlinger Associateで最新の補強技術を学んだ。ニューヨーク市交通局による市内橋梁の視察では,マンハッタン橋の補強工事,ブルックリン橋,ウィリアムズバーグ橋,クイーンズボロー橋,ルーズベルトアイランド橋を見学した。