大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号04F0000097
原語日本語
執筆年1999
和文標題建設副産物対策について
英文標題-
著者名宮田哲、真田男佐六、久保勝治、水上秀樹
団体著者名-
所属機関名大阪市建設局管理部技術監理課
資料名大阪市建設局 業務論文報告集 第4巻 (第2分冊) 第3編 一般業務論文・報告
ページPAGE.271‐281
ジャンル土木事業全般,リサイクル,廃棄物処理
抄録文リサイクル法に基づいた建設副産物のリサイクル,平成10年8月に作成された近畿地域におけるリサイクル推進計画及び大阪市建設局の残土リサイクルの実績等について,次の事項を紹介した。1.建設副産物のリサイクル。1)再生資源の利用の促進に関する法律(リサイクル法)制定の経緯及び体系。2)リサイクル法における建設副産物のリサイクルの定義。3)建設副産物と再生資源,廃棄物との関係。4)リサイクル法における「特定業種」と「指定副産物」の定義,建設業における再生資源(土砂,コンクリート塊,アスファルト・コンクリート塊,木材)の指定,事業者の責務。5)再生資源の利用に関する判断の基準。6)再生資源の利用の促進に関する判断の基準。7)再生資源活用の運用(リサイクルの原則化ルール)。2.マニフェストシステム(産業廃棄物の名称,数量,性状,発送地から到着地までの経路,取り扱い上の注意事項をマニフェスト(産業廃棄物管理票)に記載し,積荷である産業廃棄物とともに流通させる方式)。3.近畿地方における建設リサイクル促進計画。1)計画策定の背景と目的,計画の実施主体と対象,計画の目標。2)推進計画の主な内容。4.建設局残土リサイクル(土質改良プラント)。1)概要。2)プラント設備の更新・増強計画。3)建設残土搬入量,改良土製造量,改良土搬出量。4)大阪市公共事業残土量と建設局事業残土量等。