大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号86F0000574
原語日本語
執筆年1977
和文標題現場発生土の再利用について  セメント及びアスファルト乳剤の現状土安定処理
英文標題-
著者名徳田弘毅
団体著者名-
所属機関名大阪市土木局
資料名大阪市土木局業務研究論文集 (1977)
ページPAGE.129‐138
ジャンル道路事業,リサイクル,廃棄物処理
抄録文市街地での道路工事による発生土は,良質土であっても工事の都合で廃棄しているものが多い。しかし環境保全,省資源問題等を考えれば,この発生土を舗装材料として使用することは有意義であろう。現状土を路盤材料として使用する場合,セメントやれき青材による安定処理が代表的な工法である。しかしこれらの工法にはそれぞれ長短所があるので,所定の強度を保ちつつ,たわみ性のある路盤をみいだすべく,セメントとアスファルト乳剤を添加した安定処理土の室内試験を実施し,実用に供するかどうか検討するため試験舗装を行った。その結果,セメント安定処理と乳剤セメント安定処理は,地盤係数が漸増しているが,増加率は乳剤セメントの方が大である。たわみ量は5,6ケ月くらいから施工当初より小さくなっているが,減少率はセメント安定処理の方が大であり,乳剤セメント安定処理にするとセメントのみの安定処理よりたわみ性は良いようである