大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号86F0002975
原語日本語
執筆年1981
和文標題  2 総合処理システム要素技術開発
英文標題-
著者名-
団体著者名大阪市下水道局
所属機関名-
資料名廃棄物リサイクルシステム開発調査研究 昭和54・55年度成果報告(案)
ページPAGE.23,25‐37,39‐44
ジャンル下水道業務管理,リサイクル,廃棄物処理
抄録文1)微粉炭利用下廃水処理技術の開発,本研究は石炭を利用した下廃水処理技術の中で,特に都市下水及び下水汚泥に対する新処理技術の開発と適用を目的としたものである。昭和54・55年度における試験結果をまとめとして,(1)微粉炭をろ材に用いた2次処理水のろ過処理試験では,固定床式装置,固定床式円型ろ過装置,固定床式角型ろ過装置,円型移動床などの使用した装置の概要を述べ,ろ過水質はSSで5ppm以下を保持できる,浮遊物に関する汚濁成分の除去効果は高いが,溶解性成分の除去効果は高くない,りんは凝集ろ過法により,窒素はゼオライト吸着処理により効率よく除去できる,などの成果を紹介した。(2)微粉炭を脱水助剤に用いた下水汚泥の脱水試験では,フイルタプレス以外の脱水機として真空脱水機,ベルトプレス脱水機,遠心分離機の各機種による脱水性について調査検討した。2)廃棄物物質資源回収・エネルギー資源回収システム技術開発の成果も報告