大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号87F0001479
原語日本語
執筆年1984
和文標題膜分離法による染色工業排水の再生利用
英文標題-
著者名小山清
団体著者名-
所属機関名大阪市立工業研究所
資料名公害と対策
ページPAGE.869‐875
ジャンル-,工業研究,リサイクル
抄録文用水型産業である染色工業においては,一般に染料,染色助剤,界面活性剤などの生分解されにくい有機物や無機塩類など多種類の溶存物質や懸濁物を含有し,着色していて性状が複雑であるばかりでなく高COD値をもつ排水が排出される。これらの排水に対して,最近大いに関心が示されている膜分離法による処理技術について,染色加工の工程と排水性状,限界ろ過・逆浸透膜による染料の分離性,実排水処理,排水中に含有される染料以外の物質の処理法についてのべた。この中で膜分離法を適用してクローズド化し,排水の再生利用するという研究および実際処理について,今後の方向,問題点などについてものべた