大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号87F0001481
原語日本語
執筆年1984
和文標題省エネルギーを目指したドライクリーニング廃溶剤回収法の開発に関する研究
英文標題-
著者名幾田信生
団体著者名-
所属機関名大阪市立工業研究所
資料名昭和58年度技術開発研究費補助金事業成果普及講習会テキスト
ページPAGE.1‐23
ジャンル工業研究,省エネ・エコ,リサイクル
抄録文ドライクリーニングにおけるコストダウンを計る目的で,従来用いられてきた溶剤の再生回収法であるエネルギーコストの高い蒸留法をさけて,溶剤中の汚れ成分を除去するとともに,再生再利用可能な有機高分子吸着剤を検討し,省エネルギー,省資源型の溶剤清浄法あるいは回収法の開発を行なった。有機高分子吸着剤としては,汚れ成分の中で洗浄時に問題になり易い脂肪酸と結合し,しかも,再生時に容易に分離するものを考慮して,弱塩基性のピリジン系高分子が適していることを見出した。また,高分子を多孔質な樹脂に生成することによって,吸着量が約5倍向上することが判った。この樹脂は脂肪酸以外の酸性成分でも吸着性を示し,実際の廃溶剤に対しても有効に作用した。樹脂の再利用に際してはメタノールで処理すると効率がよいことが判った。カラム循環法で溶剤再生と樹脂再生を交互に行なうことを試み,溶剤の酸価が順次低下し,実用化に即した結果を得た