大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号90F0000313
原語日本語
執筆年1983
和文標題 2  混合破砕・分離・スラリー化
英文標題-
著者名-
団体著者名大阪市立環境科学研究所
所属機関名-
資料名廃棄物総合リサイクル技術開発研報告書
ページPAGE.45‐124
ジャンル-,リサイクル,廃棄物処理
抄録文ごみ,可燃性産業廃棄物と下水汚泥を総合して処理する混合破砕は,(1)後処理が平均化,自動化して行えるように,ごみと下水汚泥とを完全に混合し,均質なスラリーにすること,(2)後の輸送,脱水などの容易な状態にすること,(3)ガラス・砂などを分離し,エネルギー回収の対象となる成分の多いスラリーにすること,(4)ごみ中の金属資源をできるだけ完全に回収すること,(5)省エネルギーの簡単な設備とすることを目標とする。本研究ではごみと下水汚泥の混合・分離・破砕装置のミニプラント運転を3年半続けて,はね出し装置付き縦型せん断衝撃破砕機が適しており,長時間運転(9時間30分)にも耐えることを明らかにした。また,ごみと下水汚泥の混合比は,ごみ重量1に対して汚泥容量が4~16と変動できること,その他,混合スラリー中に含まれるプラスチックフィルムや繊維類,土砂類やガラス片などを分離する方法,パイプ輸送に適したポンプの型式も明らかにした。