大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号90F0000320
原語日本語
執筆年1983
和文標題 9  総合リサイクル施設の悪臭対策
英文標題-
著者名-
団体著者名大阪市立環境科学研究所
所属機関名-
資料名廃棄物総合リサイクル技術開発研報告書
ページPAGE.531‐575
ジャンル-,リサイクル,廃棄物処理
抄録文総合リサイクル施設においては,脱臭や防臭対策に万全を期す必要がある。ここでは,大容量の排出ガスの脱臭に対応するために,「活性汚泥を用いたスクラバー塔方式での脱臭」という新技術を確立するために,ミニプラントを設計,試作実験した結果,(1)主要悪臭原因物質は,汚泥由来の硫化メチル等のイオウ系臭気成分で,ごみからの悪臭の寄与率は低かった,(2)脱臭装置へ導くガス量の減量化のための方法を考察した,(3)試作したミニ脱臭装置を用いて各種条件下の除去効率は,酪酸については99%以上だが水に溶けにくい硫化メチルやトルエンは低かった。(4)実施設への適用を考え,脱臭装置の設計諸元をごみ1日100トン処理の破砕機について算出したが,排ガス量230m└3┘/日の悪臭に対して,液ガス比8l/m└3┘,気液接触時間12秒の条件で,スクラバー塔,塔径5m×高さ6.5mが必要である,などの知見を得た