大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号93F0000170
原語日本語
執筆年1991
和文標題道路工事における掘削残土のリサイクルに関する研究
英文標題-
著者名二宮敏明、本多淳裕、山田優、福永勲
団体著者名-
所属機関名大阪市市長室_クリーンジャパンセンター_大阪市立大学_大阪市立環境科学研究所
資料名建築用原材料
ページPAGE.48‐55
ジャンル環境科学研究,道路事業,リサイクル
抄録文大都市の道路は,補修や埋設物に係わる工事のために掘削の機会も多く,そのたびに大量の土砂を排出している。そして,その多くは,埋め戻しが効かず,廃棄物として埋め立てられてきた。しかし,これは限りある埋立処分地の有効利用の点からも,新しい土砂を取り出すたびに自然を破壊するという点からも,環境への影響が大きいといわなければならない。そこで,掘削残土をできるだけ再生し,再利用することが求められてきた。大阪市では,すでに昭和51年度から研究を開始し,実プラントも設置して稼動させてきた。本文は,道路工事で発生する掘削残土のリサイクルの基本フロー,土質改良材,現場で残土を選別するための簡易判定法,土質改良効果の反応機構,さらに大阪市における土質改良プラントの建設と運営,改良土の力学的特性,環境への影響について検討した結果をまとめたものである