大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号93F0000520
原語日本語
執筆年1991
和文標題ウォーターフロントとしてのベニス水上都市の歴史に見る継続性の変化
英文標題-
著者名チェツカレッリ/パオロ
団体著者名-
所属機関名ヴェネツィア建築大学
資料名WATERFRONT2001
ページPAGE.33‐39
ジャンルまちづくり全般,国際会議,ベイエリア
抄録文1991年10月16日より18日の間,大阪国際交流センターで開催された国際フォーラム「ウォーターフロント2001」の基調講演の一つを紹介した。イタリアの都市ベニスは世界で最も歴史のあるウォーターフロントである。ベニスは1300年もの長い歴史がある。ベニスは,異教徒の侵入による本土の混乱から逃避してきたひとにぎりのローマ貴族,農民を保護する目的で生まれた。水上都市ベニスは五つのセスティエリからなるいくつかの島の集まりである。ベニスには,他の水上都市には見られない独特な都市空間である大運河とサンマルコ広場の舟着場がある。これからの水空間は水路の機能の外に文化的,社会的,宗教的にも機能を果している。ウォーターフロントは,人間の生活の基本要素,陸と水が出会い,対立しあうユニークな空間である。ベニスは,その全体が海に面したウォーターフロントである