大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号93F0000526
原語日本語
執筆年1991
和文標題第1セッション  ウォーターフロントにおける都市空間の創出  東京臨海副都心  東京テレポートタウン
英文標題-
著者名佐藤宏
団体著者名-
所属機関名東京都港湾局
資料名WATERFRONT2001
ページPAGE.67‐75
ジャンルまちづくり全般,国際会議,ベイエリア
抄録文21世紀に向けた東京の都市づくりは,職住が均等した多心型都市構造への転換を図ると共に,国際化,情報化に対応しうる都市機能を充実し,都民が住み,働き,楽しめる活力ある都市の発展を目指す必要がある。本報では,その一環として東京都が臨海部に建設しようとしている第7番目の副都心,東京テレポートタウン計画について紹介した。この臨海副都心は,東京湾最奥部の東京港埋立地に位置する。副都心での都市づくりは,青海地区,有明南地区,有明北地区,台場地区の4つの個性ある地区に分けて進める。各地区における業務,居住,商業・サービス機能の配置を図示した。用地は,各地区の水路,船だまり,貯木場などを新たに埋立て造成する。ライフラインとしては共同溝,上下水処理施設を整備する。交通は,道路,シンボルプロムナード,鉄道,新交通システム,海上輸送システムを整備する。事業推進体制は民間活力を導入する第三セクター方式を採用する