大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号93F0000539
原語日本語
執筆年1991
和文標題第4セッション  ウォーターフロントでもたれる祝祭イベントと都市の魅力  ウォーターフロントでもたれる祝祭イベントと都市魅力
英文標題-
著者名高口恭行
団体著者名-
所属機関名奈良女子大学
資料名WATERFRONT2001
ページPAGE.135‐146
ジャンル文化・集客,国際会議,ベイエリア
抄録文大阪の臨海部の新しい都心と,これと既存都心をつなぎさらに関西文化学術研究都市まで伸びる新しい東西都市軸が計画されている。本報では,この新しい都心と都市軸におけるシンボル空間としての「海の広場」と「川のプロムナード」の可能性について考察した。ここで新都心という775haの土地は概ね7km四方に広がる地域であり,幅500~1,200mの幅を持つ海面をはさんでいる。また既存都心に至る。「水のプロムナード」として想定しうる水路は安治川,尻無川,木津川がある。祝祭空間としての海の広場,川のプロムナードに関する積極的な側面は,1)都市の巨大性と対応しうる巨大な祝祭シンボル空間を確保できること,2)天神・住吉・金比羅など海にまつわる適切な祝祭母体が継承しうること,3)自然との共生空間であり,このことが人々の共感を呼びうること,の3点である。水の都ベニスを中心に他都市にみられる。そのイメージを写真で紹介した