大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号93F0000540
原語日本語
執筆年1991
和文標題第4セッション  ウォーターフロントでもたれる祝祭イベント都市の魅力  ベニスにおける水の社会的利用と都市構造に与える
英文標題-
著者名チェッカレック/パオロ
団体著者名-
所属機関名ヴェネツィア建築大学
資料名WATERFRONT2001
ページPAGE.147‐153
ジャンル文化・集客,国際会議,ベイエリア
抄録文本報では,日常の社会・文化生活面から見たベニス人と海との関係に重点を置いて,都市における海の存在と利用法に関する諸問題について解明を試みた。ベニスの歴史のなかで都市生活のリズムは常に宗教的祭典,国家儀式,その他の地域社会の娯楽の大半は水上で行われてきた。主なものを挙げると,1)「センサ」フェスティバルと海上の婚礼儀式,2)「レデントーレ(救世主)フェスティバル。宗教と花火,3)カーニバル(娯楽と儀式の交錯),4)最も人気の高いスポーツ:レガッタ(ゴンドラ競漕),である。ベニスから得られる教訓から,ウォーターフロント計画は生産,流通,輸送に関連する機能面だけでなく,文化,宗教,儀式,象徴,娯楽に関する機能も等しく重要視すべきであるといえる