大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号93F0000541
原語日本語
執筆年1991
和文標題第4セッション  ウォーターフロントでもたれる祝祭イベント都市の魅力  国際フォーラム「ウォーターフロント2001」によせて
英文標題-
著者名モロー/ジョン E
団体著者名-
所属機関名VVVアムステルダム観光局
資料名WATERFRONT2001
ページPAGE.155‐162
ジャンル文化・集客,国際会議,ベイエリア
抄録文オランダの首都アムステルダムは,欧州随一のウォーターフロント都市であるといっても過言ではない。他の都市との最も明らかな相違は運河で,今日では17世紀の運河が観光の重要な資源になっている。毎年300万人近くの観光客が遊覧船で運河をめぐっている。10年程度,広大なウォーターフロントの利用が見なおされ,港のウォーターフロントの野心的な開発計画は6マイルにわたる再開発地域に住宅,オフィス,ホテル,観光やレクリエーション施設を建設するものである。1975年より多くのイベントが行われるようになった。最大のイベントは5年毎にアムステルダム港で開催されるセイル・アムステルダムである。各種の船が約11,000隻集まり,500万人の人々で賑わう。その他,青空マーケット,屋外コンサートがある。環境保全では運河航行の船舶のディーゼルエンジンを天然ガスのエンジンに転換する計画である。水上市民用の居住用のボートは,約2,400そうである