大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号93F0000543
原語日本語
執筆年1991
和文標題第4セッション  ウォーターフロントでもたれる祝祭イベント都市の魅力  バンコク・ウォーターフロントの魅力と祭典
英文標題-
著者名チバクル/キアット
団体著者名-
所属機関名チェラロンコン大学
資料名WATERFRONT2001
ページPAGE.163‐166
ジャンル文化・集客,国際会議,ベイエリア
抄録文タイのバンコクは,タイ中央部,タイ湾に流れるチャオ・プラヤ川に沿った海抜2mの湿地帯に位置するため,毎年モンスーンの時期(5月末から11月)になると豪雨で土地は水浸しになる。Bangkokという地名は「オリーブの木に囲まれた水上の住居」という意味である。市内の数多くの運河には,かつて7000軒の水上家屋があり,35~40万人が水上に居住していた。長い間に水上の生活と陸上の生活との違いが明らかになり,相互に矛盾が生じてきた。現在,バンコク市当局は,交通や環境問題の解決を試みている。タイ観光当局は,バンコク市内の水上マーケットの復活も計画している。バンコクには水辺の生活を反映する諺や遊び,子守歌が多い。さらに,水や川や舟をテーマにした祭りも沢山ある。宗教的儀式としては,トッド・カシン(僧衣)の儀式,トッド・ファ・パ(功徳を積むための儀式),チャク・プラ(仏像を引く行事)がある。その他のボートレースなども挙げた