大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号93F0000544
原語日本語
執筆年1991
和文標題第4セッション  ウォーターフロントでもたれる祝祭イベント都市の魅力  天神祭によせて
英文標題-
著者名米山俊直
団体著者名-
所属機関名京都大学
資料名WATERFRONT2001
ページPAGE.167‐169
ジャンル文化・集客,国際会議,ベイエリア
抄録文大阪の天神祭は,大阪北区にある大阪天満宮の祭礼で,江戸時代には,京都の祇園祭,江戸の山王祭(あるいは神田祭)と並んで天下の三代祭といわれてきた。現在でも大阪の誇る大規模な夏祭りである。この天神祭の最大の特長は,それが天満宮のすぐ前の大川で水上の船のパレード「船渡御」を含んでいることである。祭礼の7月24日は鉾流しの神事という儀式がある。翌25日は祭神の縁日である。この神事のあと水上パレード「船渡御」が行われる。このパレードには,様々な講社がそれぞれのシンボルを持って参加してくる。大阪の場合,天神祭という貴重な伝統が,すでに文化的資源として存在しているので,この祭りを活用して大阪全体の行事にまで持ってゆくことである