大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号93F0000546
原語日本語
執筆年1991
和文標題大阪におけるウォーターフロント開発の課題  海遊館水族館とその向こう
英文標題-
著者名シャマイエフ/ピーター
団体著者名-
所属機関名-
資料名WATERFRONT2001
ページPAGE.179‐182
ジャンルまちづくり全般,国際会議,ベイエリア
抄録文本報では,都市の誕生,荒廃,再生といった概念から始め,生物との関連の中でウォーターフロントについて論じた。巨大かつ活気ある都市大阪は,海や港の先端との結びつきがほとんどなく,従って,人々が海の魅力を知り,水辺に共通の目的を持って集まれるような場所がなかった。大阪市,大阪湾,港湾局及び産業界の代表で構成される大阪市ウォーターフロントの設計者は,ボストンとボルチモアの成功例を検討・研究し,重要な二つの要素である水族館とマーケットプレースから設計に着手した。著者の有力な提案は,一つは大阪市は築港を「ネックレス」や「細長いタペストリー」として開発すべきであるということ,もう一つは,そこでの催し物は水と水のある環境から提起される共通のテーマ(例えば,地球上の生物,惑星地球,自然分類,エコロジー等)を持ちうる,ということである。海遊館はその端緒に過ぎない