大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号94F0000035
原語日本語
執筆年1993
和文標題 第I部 第8回総会の概要報告 テレポートと情報都市
英文標題-
著者名飯田一根
団体著者名-
所属機関名大阪市都市工学情報センター
資料名世界テレポート連合第8回総会報告書
ページPAGE.17‐23
ジャンル-,情報基盤,国際会議
抄録文標記総会の基調講演「テレポートと情報化都市」の内容を紹介した。大阪市が情報化時代にどのように考え,戦略的にプロジェクトを展開してきたかについて発表した。都市機能を強化するためには産・学・官の三セクターの役割分担が重要である。プロジェクト推進の標準的フローは,まず専門委員会の設立,フィジビリティスタディを実施する「企画・調査会社」の設立である。(財)大阪市都市工学情報センターは,3つのセクター相互間の仲介役として街づくりのためのあらゆる分野での情報交換の機会を提供することが主目的である。もう一つの役割は,民間企業により実施される特定プロジェクトの支援である。大阪における最近設立された第3セクターとして15の機関を表示し紹介した