大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号94F0000040
原語日本語
執筆年1993
和文標題 第I部 第8回総会の概要報告 7.5 セッション ベルリンと東京のテレポート建設へのチャレンジ
英文標題-
著者名BIRK M
団体著者名-
所属機関名Focus Teleport
資料名世界テレポート連合第8回総会報告書
ページPAGE.50‐55
ジャンル-,情報基盤,国際会議
抄録文ベルリンのフォーカス・テレポートは7年間の計画と開発を経て出来上がった。このテレポートのねらいはインテリジェントビルを提供することにあった。8万m└2┘のインテリジェントオフィスをもったハイテクスペースを計画した。しかし,事業収支面から計画は修正・再検討を行った。主なサービスとしてビデオ会議室,衛星通信地球局などを入れ,次にISDNのアプリケーションオフィスを作った。次の発表の「東京テレポートの実現を目指して」では,東京都が開発を進めている「臨海副都心」東京テレポートタウンについて紹介した。開発目標,青海地区,有明南地区・有明北地区・台場地区の個性をもった開発地区の概要,開発スケジュールについて述べた。東京テレポートは青海地区に整備され,情報通信の受発信拠点としてテレコムセンタービルを建設し,これを中心にその他のマスメディア産業等をネットワーク化する。1996年には,ここで第12回の標記総会を開催予定