大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号95F0000151
原語日本語
執筆年1992
和文標題包装廃棄物減量のための取り組み具体例
英文標題-
著者名-
団体著者名大阪のごみを減らす懇話会
所属機関名-
資料名包装廃棄物減量のための取り組み具体例
ページPAGE.1‐11
ジャンル-,リサイクル,廃棄物処理
抄録文(1)事業者の取り組み,(A)従来の包装の通念を簡易包装等が一般化する方向に転換,1)事業者一般(従来の包装概念の転換,社員教育,社内組織・業界組織をつくって包装廃棄物量に取り組む),2)商品・容器生産事業者(容器にリサイクル方法などを表示),(B)容器・包装材使用量削減,1)商品・容器等生産事業者(詰め替えによる使い捨て容器削減,容器の軽量化,圧縮包装,贈答品の詰め合わせをコンパクト化,2)流通事業者(簡易包装の取り組み),(C)容器・包装材のリサイクル,1)事業者一般(再生資源・再生品の使用,容器・包装材の回収),2)商品・容器等生産事業者等(再生資源・再生品の使用,容器回収・リターナブル容器使用),3)流通業者(容器回収‥牛乳パック・アルミ缶),(2)市民の取り組み,(A)包装廃棄物を家庭に持ち込まない(詰め替え製品を選ぶ,簡素軽量な容器・包装材を使用した製品を選ぶ等),(B)容器・包装材のリサイクルに取り組む(商品の選択,再生品の選択等)