大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号95F0000298
原語日本語
執筆年1994
和文標題下水汚泥を活用した疑似活性炭の開発
英文標題-
著者名間淵弘幸、田中正道、西崎柱造
団体著者名-
所属機関名大阪市下水道局
資料名第31回 下水道研究発表会講演集
ページPAGE.933‐935
ジャンル-,下水道業務管理,リサイクル
抄録文下水処理場から発生する汚泥の有効利用の試みの一つとして,汚泥を利用した炭素質多孔性吸着剤(疑似活性炭)を製造した。本報では,疑似活性炭を環境浄化に再利用することを目的として,原料の選定,最適製造条件,吸着性能等について検討した結果を報告した。原料は下水汚泥処理の条件の相違により10種類を選定した。この10種類の汚泥を用いて疑似活性炭を製造した。製造にはロータリーキルン方式の回分式賦活炉を用い,乾燥した汚泥を850℃,60分間の条件で賦活を行った。その最適賦活条件を決定し,吸着剤としての性能を検討した結果,下水に対する脱色では,活性炭とほぼ同程度であった。又,脱臭効果では活性炭に比べると一般的にその性能は劣るが,アンモニア,スチレンに関しては活性炭より優れている場合が見られ,疑似活性炭は脱臭にも利用できる可能性が示唆された。今後,原料中の無機物,揮発分の比率を低くする工夫や,賦活の検討が必要である