大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号96F0000393
原語日本語
執筆年1994
和文標題 第4章 ごみの減量対策
英文標題-
著者名-
団体著者名大阪市環境事業局
所属機関名-
資料名大阪市産業廃棄物実態調査報告書
ページPAGE.61‐68
ジャンル-,リサイクル,廃棄物処理
抄録文本章では一般廃棄物と産業廃棄物の減量対策を述べた。近年,地球環境の保全,資源の有効利用の観点からごみの発生量自体を抑制しリサイクルへの取り組みが極めて重要な課題となっている。大阪市でも有効資源ごみの回収,焼却工場の余熱の有効利用などごみの減量化やリサイクルに取り組んできた。平成2年度からはごみ減量キャンペーンを展開している。具体的には,1)大阪のごみを減らす懇話会の開催,2)多量のごみを排出する建物所有者等に対する諸届け書提出の義務づけ,3)不用品交換情報誌:月刊リサイクリングOSAKAを平成3年11月から発行,4)市民団体への資源回収用具の貸与,5)販売店等への資源回収用具の貸与,6)アルミ缶・牛乳パックの受付:事務所での受付,7)大規模団地での空き缶・空きびん回収,8)分別収集のテスト実施,である。産業廃棄物の減量対策として多量排出事業者,建設業者に対する指導等についても紹介した