大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号97F0000299
原語日本語
執筆年1996
和文標題 下水処理水の植物への潅水利用に関する調査について(植物に対する効果・影響測定調査)
英文標題-
著者名井上恵、岡本延男
団体著者名-
所属機関名大阪市建設局花と緑の推進本部緑化推進部緑化課
資料名大阪市建設局業務論文報告集<第3巻>(第5分冊・業務報告編)
ページPAGE.1257‐1260
ジャンル下水道業務管理,公園業務管理,リサイクル
抄録文花と緑の推進本部で管理を行っている公園や街路に植栽した植物への潅水用水は,ほとんど上水を水源としてきたが,環境問題やリサイクル等の観点から下水処理水をこれらの植物の潅水用水として活用することは,重要なことである。標記調査は,下水処理水を恒久的に活用するにあたり,下水処理水に含有される窒素やりん等の要素が植物に与える影響や効果等を調べるものである。より効果的かつ効率的な活用を図るための基礎的な資料を得た。調査の実施にあたっては,下水処理水と上水による潅水を一定期間,一定量供給し両者の潅水量,排水量,成長量等の測定,評価,考察等を比較実験した。植栽用土壌としてよく使われるマサ土を,ポットに入れた区群と有機質系の土壌改良材を2割混入した区群を用意し,試験植物にパンジーを用いた。ポットに一株ずつ植栽し,その地表面に片方の区群には水道水,もう一つの区群には下水処理水を注水し,パンジーの生育に対する影響を調査した