大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号98F0000299
原語日本語
執筆年1995
和文標題 第1部 世界テレポート連合(WTA)第10回総会の概要報告
英文標題-
著者名-
団体著者名世界テレポート連合総会大阪代表団派遣実行委員会
所属機関名-
資料名第10回世界テレポート連合総会大阪代表団報告書
ページPAGE.1‐124
ジャンル-,情報基盤,国際会議
抄録文情報通信基盤整備と地域開発を高度に行うテレポートに関係する標記連合総会の概要報告である。1994年11月にパリ・ラ・デファンスおよびマルヌ・ラ・バレで16か国400人(うち日本代表団は82人)を集めて開催された。1)企業活動におけるテレポートの役割,2)在宅勤務及び在宅学習システムとテレポート,3)企業内ネットワークにおけるテレポートの役割,4)テレポートとマルメディア,5)テレポートと規制緩和,6)企業の地方分散とテレポート,7)テレポートの現状,という7つの分科会に分かれて報告が行われた。その後,第1セッションとして,ビジネスに対するテレポートとしての価値及び情報ハイウェイに対するテレポートとしてのアクセス機能について,1)7)6)3)分科会の報告と質疑応答が行われた。第2セッションとして,技術革新と規制緩和下における情報ハイウェイを可能にするテレポート機能について,5)2)4)分科会の報告と質疑応答がなされた。