大阪市都市工学情報2次情報集 [論文情報]
整理番号98F0000351
原語日本語
執筆年1997
和文標題本市水道の省エネ・リサイクル・環境のすすめ
英文標題-
著者名山本善稔
団体著者名-
所属機関名前大阪市水道局技術監
資料名水道事業研究
ページPAGE.55‐65
ジャンル水道業務管理,省エネ・エコ,リサイクル
抄録文大阪市では1995年3月,「環境基本条例」を定め,地球環境を守るための行動指針として「ローカルアジェンダ21おおさか」を策定した。その中で,1)環境に配慮したシステム・施設づくり(省エネルギー,省資源),2)廃棄物の適正処理と再資源化(排出抑制,減量化,リサイクル),3)クリーンエネルギーの導入,を企業と行政に要請している。本論ではこれまでの省エネ・リサイクルの事例(非開削工法,直結給水の拡大など)を紹介し,これからの方策に関し,すぐに検討または実施を要する課題として,浄水場の排水処理(脱水設備,脱水ケーキ処分)と管工事の建設発生土を取り上げた。脱水設備については無薬注加圧脱水の利点を強調した。無薬注脱水ケーキの有効利用用途として,園芸用土,埋め戻し用土を挙げた。今後利用すべきエネルギーとして太陽エネルギーの推進を中心に論じた。さらにISO14000シリーズに代表される環境管理への取組みについて触れた。