ZOOZAQ

Staff Blog

スタッフブログ

2015/01/09 Friday

100周年記念イベント「アジアゾウ編」

 

天王寺動物園は今日は肌寒い天気でした
ご来園のみなさまありがとうございました
ブログチェックのみなさまありがとうございます

さてゾウさんチームからお便りが届きましたよ〜〜〜

2015年1月1日、開園100周年を迎えた朝。
正月早々、展示室のガラスにウンチを投げつけているラニー博子。さすがです。
そんな彼女にも今日は一大イベントが控えています。


開園100周年を記念して博子にプレゼントするケーキ。今年はそのケーキをお客様に制作してもらうことになったのです。

事前に募集した20名のお客様をゾウ舎にご招待。危険な動物舎なので注意事項をご説明した後、博子の寝室にお招きします。

食パン3本を竹串で固定した後、用意したフルーツをお客様にトッピングして頂きます。

思い思いにケーキ作り没頭する皆様。多めに用意したフルーツも、あっという間に底をつきます。

これまでにはなかったフルーツてんこ盛りのケーキができました。素晴らしい!

せっかくの機会なので記念撮影タイム。

この後ケーキの重さを計って頂いた後…

お客様の手でゾウの通路を通ってグラウンドまで運んで頂きます。

今回のプレゼント会場ともなる西グラウンドにセッティング。これだけのお客様がゾウのグラウンドに入ることも初めてです。

東グラウンドで控えていた博子も何事かと様子を見ています。博子を間近で感じていただく、またとない機会になりました。

ケーキの設置後、ゾウの出入り口を塞ぐための油圧馬栓棒の操作も体験。

ケーキ作りのイベントは本来ここで終了ですが、オプションで参加者の皆様を飼育係の観察エリアに案内。博子の西グラウンドへの移動を至近距離で見ていただきました。これもお互い初めての経験です。

ケーキプレゼントのガイド中、参加者の皆様は飼育係と共に東グラウンドへ移動。
つい今まで博子のいた場所からの見学です。
博子の食事は豪快そのもの。初めてづくしの出来事にたじろきながらもあっという間に平らげてしまいました。

参加者の皆様には東グラウンドを見学していただいた後、もう一つのオプションが待っていました。

博子の鼻への給餌体験です。博子の様子やお客様の雰囲気、必要な条件が整った場合のみ考えていた内緒のオプションでした。

精神的に不安定な博子が、お客様に普通の気配りをすることは、実はとても努力の必要なことなのです。

初めての試み続きでたじろきながらも大役を見事成し遂げてくれた博子。故春子には決してマネのできない、博子ならではの柔軟性を発揮してくれました。

春子の代わりでなくていい。あくまで博子は博子。
今回はそんなありのままの博子を感じてもらうことが目的でした。
大阪のおばちゃんのようなパワーに満ちたゾウ。心に闇を持ちながらもこれまでずっと天王寺動物園を支えてきてくれた仲間の一人です。どうか皆さん、これからもこの博子と仲良くしてあげて下さい。

そして博子。100周年を迎えた動物園をこれからもよろしくね。

*写真を提供して頂いた堀川さまありがとうございました〜〜
いつも天王寺動物園のゾウさんに会いにきて頂き本当にありがとうございます!

記事へ | トラックバック(0) | アジアゾウ / ・ラニー博子 / 開園100周年
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/zoo_tennoji5/trackback/216/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません