General information

動物園との調査研究 Research Activities

動物園では、絶滅が心配されている種を含む様々な動物を飼育しています。その多くは野生動物ですが、野生動物は家畜や伴侶動物と違って、まだまだよくわかっていないことがたくさんあります。しかし、動物を健康に飼育し繁殖させるためには、どのような餌をどれだけ与えればいいか、どのような巣を用意し、いつオスとメスを出会わせれば繁殖するのか、どういった病気や怪我に注意しなければならないかなど、幅広い情報を知っておく必要があります。このような情報は動物種によって違っているため、一つ一つ解き明かしていかなければなりません。動物の調査研究も動物園の重要な使命の一つなのです。保全が必要とされる動物種がますます増えていく中で、動物園における調査研究の重要性は高まっています。

天王寺動物園でも、調査研究の取り組みを推進しようとしています。当園が単独でできない調査研究については、他の動物園や水族館と連携し、大学などの研究機関と協力しています。今後も野生動物に役立つ成果が得られるように、組織的な活動を進めていきます。

研究者のみなさまへ