特別区設置住民投票

選挙管理委員会ホーム > 特別区設置住民投票トップページ > 投票の方法・賛否の決定

投票の方法・賛否の決定

投票の方法

特別区設置協定書に賛成さんせいの場合は「賛成」と、特別区設置協定書に反対はんたいの場合は「反対」と記入してください。

「賛成」「反対」は「ひらがな」または「カタカナ」で記入しても結構です。他のことを記入すると無効になります。

投票見本

<投票案内状について>

告示日(4月27日)以降に、投票案内状を世帯ごとにまとめて封書で送付しますので、ご自身の投票案内状を投票所へお持ちください。

※投票案内状がなくても投票はできますので、受付の係員にお申し出ください。 (ただし、住所・氏名等を確認させていただきます。)

賛否の決定

今回の住民投票は投票者数にかかわらず成立し、賛成の票数が有効投票(賛成票と反対票を合計した総数)の半数を超える場合は、特別区設置協定書に基づき大阪市が廃止され、特別区が設置されます。反対の票数が有効投票の半数以上の場合は、特別区は設置されません。

<ご注意>実際に投票された有効投票数以外は賛否の決定に影響しません