ページの先頭です

大阪市の高齢者虐待の実態(統計データ)

2021年8月12日

ページ番号:113369

 「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律(平成17年法律第124号)」いわゆる高齢者虐待防止法が平成18年に施行されました。大阪市では、平成18年から高齢者虐待に関する調査を行っています。

 高齢者虐待は、高齢者の世話をしている家族、親族、同居人等が行う虐待(以下、「養護者による高齢者虐待」という。)と、施設や介護事業所で高齢者の介護等の業務に従事する者が行う虐待(以下、「養介護施設従事者等による高齢者虐待」という。)に大別されます。

1 養護者による高齢者虐待

1 通報等件数

通報等件数
年度 通報等件数 虐待と判断した件数 
 平成22年度534376
 平成23年度720430
 平成24年度752431
 平成25年度1,038485
 平成26年度839397
 平成27年度814343
 平成28年度846332
 平成29年度960353
平成30年度1,053383
令和元年度1,100415
通報等件数・虐待と判断した件数の推移
別ウィンドウで開く

通報等件数(複数の被虐待者が同一家庭にいる事例は、1件とカウント)は、令和元年度は1,100件でした。毎年多くの通報が寄せられています。

2 虐待の種別・類型(令和元年度)

虐待の種別・類型(令和元年度)
 身体的虐待 介護等放棄心理的虐待経済的虐待  性的虐待
人数(重複あり)  226127102 770
 割合(%)54.130.424.4 18.40.0
令和元年度高齢者虐待の種別および類型
別ウィンドウで開く

 身体的虐待が54.1%と最も多くなっています。いずれの虐待についても、単独の類型で発生することは少なく、介護・世話の放任と経済的虐待が合わせて発生する等しています。
※前年度受理し虐待判断が令和元年度となった件数を含めた、418人に対する類型。

3 通報者(届出を含む)の状況(令和元年度)

相談・通報者
相談通報者人数
警察495
介護支援専門員・介護保険事業所職員387
医療機関従事者60
家族・親族54
被虐待者本人35
市職員27
近隣住民・知人25
虐待者自身8
民生委員7
その他24
不明(匿名を含む)0
令和元年度の通報者の状況
別ウィンドウで開く

 警察からの通報が最も多くなっています。
 次いで介護支援専門員、介護保険事業所職員等からの通報も多数 寄せられています。
 虐待された高齢者本人からの届出も35件ありました。

4 被虐待者(虐待をうけた高齢者)の性別(令和元年度)

被虐待者の性別
性別人数
98
320
令和元年度の被虐待者の性別の割合
別ウィンドウで開く

 被害者のうち77%が女性で、女性が圧倒的に被害を受けやすい傾向です。
※被虐待高齢者の実人数418人に対する内訳

5 被虐待者の年齢(令和元年度)

被虐待者の年齢
年齢件数(人)

発生率
(人口10万人対)

65歳~69歳2213.2
70歳~74歳4627.1
75歳~79歳9767.6
80歳~84歳10392.2
85歳~89歳91129.1
90歳以上59138.2
令和元年度の被虐待者の年齢別の件数及び年齢階級別の虐待発生率
別ウィンドウで開く

 被虐待者の年齢別状況をみると、80~84歳の発生件数が多くなっています(棒グラフ)。また、年齢階級別の虐待発生率をみると、高齢になるほど虐待の被害者になりやすい傾向であることがわかります(折れ線グラフ)。
※被虐待高齢者の実人数418人に対する内訳

6 認知症との関係(令和元年度)

介護保険認定済者の認知症日常生活自立度
 認知症日常生活自立度 人数
自立47
43
125
94
31
M7
認知症あるが自立度不明2
令和元年度の介護保険認定済者の認知症日常生活自立度
別ウィンドウで開く

 被虐待者の「認知症高齢者日常生活自立度」を調査すると、302人(86.5%)の方に認知症の症状がみられました。全国的な傾向同様、大阪市でも高齢者虐待の発生と認知症の関連がみられました。
※介護保険認定済者349人の内訳

※認知症高齢者日常生活自立度:高齢者の認知症の程度を踏まえた日常生活自立度の程度を表すのもので、自立、Ⅰ(軽度)~Ⅳ、M(重度)の6段階で表します。
Ⅰ:何らかの認知症を有するが、日常生活は家庭内及び社会的にほぼ自立している。
M:著しい精神症状や周辺症状あるいは重篤な身体疾患が見られ、専門医療を必要とする。

7 虐待者の内訳(令和元年度)

被虐待者から見た虐待者の続柄
 息子兄弟姉妹子の
配偶者
その他
人 数169100962114101126
割合(%)37.822.421.54.73.12.22.55.8
令和元年度の被虐待者から見た虐待者の続柄
別ウィンドウで開く

 虐待者は、高齢者の子(息子・娘)が全体の半数以上(60.2%)を占めています。
※虐待者447人(被虐待者ごとにカウントした延べ数)の内訳

2 養介護施設従事者等による高齢者虐待

養介護施設従事者等による高齢者虐待の通報件数等
 22年度 23年度 24年度  25年度26年度 27年度 28年度 29年度 30年度 令和元年度
相談・通報件数   293345  6156 98122156   174115 
 虐待と判断した件数56210722 27222331
養介護施設従事者等による高齢者虐待の通報件数及び虐待と判断した件数の推移
別ウィンドウで開く

 養介護施設従事者等による高齢者虐待の通報等件数は、令和元年は、115件と減少しています。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 福祉局生活福祉部地域福祉課相談支援グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-8086

ファックス:06-6202-0990

メール送信フォーム