ページの先頭です

廃止届、休止届、再開届、辞退届の手続きについて

2019年5月1日

ページ番号:157620

事業を廃止、休止、再開、辞退する場合には、事前に届出が必要です。

※事業を廃止・休止する際は、廃止・休止する日の1ヶ月前までに届出が必要です。

事前に電話予約のうえ来庁し、書類を提出してください。

 

廃止届について

 事業を廃止する場合は、次の書類を提出してください。

 ※事業を廃止する際は、廃止する日の1ヶ月前までに届出が必要です。

   1.廃止届出書(様式第4号)

   2.指定書の原本

   3.利用者の引継ぎ状況が分かる書類(任意様式)

 ※多機能型事業所のうち一部事業を廃止する際、継続する事業の定員増若しくは区画変更について、事前協議が必要です。また、定員規模別単価が変更になる場合は、報酬算定の届出が必要です。

休止届について

 職員の急な退職等によって一時的に事業者としての要件を満たさなくなった場合で、かつ事業継続の意思を有する場合等は、次の必要書類を提出し、休止の手続きを行ってください。

※事業を休止する際は、休止する日の1ヶ月前までに届出を行う必要があります。

   1.休止届出書(様式第4号)

   2.指定書の写し

   3.事業再開(6ヶ月以内)に向けての取り組み状況を記載した書類(任意様式)

再開届について

 休止届を提出した事業者が事業を再開する場合は、次の必要書類を提出し、再開の手続きを行ってください。

     1.再開届出書(様式第4号)

     2.指定書の写し

     3.指定にかかる記載事項(実施する事業に応じた付表)

     4.従業者の勤務形態一覧表

     5.組織体制図

     6.従業者の資格証の写し

     7.運営規程

     8.その他必要な書類(休止理由によって書類が異なりますのでお問い合わせください)

辞退届について

 障がい者支援施設、障がい児支援施設を廃止する場合には、次の書類を提出してください。

     1.指定障害者支援施設(指定障害児支援施設)指定辞退届出書(様式第5号)

     2.指定書の原本

     3.利用者の引継ぎ状況が分かる書類(任意様式)

 

 

廃止届・休止届・再開届(様式第4号)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

辞退届(様式第5号)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

届出について

 廃止・休止・再開・辞退届は、来庁による届出が必要です。

 あらかじめ電話予約のうえ来庁し、必要書類を提出してください。

 

    受付場所:大阪市中央区船場中央3-1-7-331 船場センタービル7号館別ウィンドウで開く3階

            大阪市福祉局運営指導課

    電話番号:06-6241-6520

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市福祉局障がい者施策部運営指導課指定・指導グループ
住所: 〒541-0055 大阪市中央区船場中央3-1-7-331(船場センタービル7号館3階)
電話: 06-6241-6520 ファックス: 06-6241-6608

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示