ページの先頭です

大阪市社会福祉研修・情報センター指定管理予定者の選定結果について

2015年1月19日

ページ番号:295280

 大阪市では、大阪市社会福祉研修・情報センターの指定管理予定者の選定にあたり、外部の有識者からなる指定管理予定者選定会議(以下、「選定会議」という。)を設置し、審査を行いました。

 その結果を踏まえ、このたび、次のとおり指定管理者を選定しましたので、お知らせします。

 なお、指定管理予定者は市会の議決を経て、指定管理者に指定されることになります。

1 指定管理予定者

           

・名称      社会福祉法人大阪市社会福祉協議会・太平ビルサービス大阪株式会社共同体

・代表構成員 大阪市社会福祉協議会 

・代表者    理事 乾 繁夫

・住所      大阪市天王寺区東高津12番10号

2 指定管理期間

平成27年4月1日~平成32年3月31日(5年間)

3 選定会議・審査経過の概要

(1)募集・申請の経過

募集要項の配付期間 平成26年9月29日から平成26年11月28日

申請の受付期間    平成26年11月14日から平成26年12月5日 

(2)審査経過

第1回選定会議 平成26年9月29日(月曜日)

第2回選定会議 平成26年12月22日(月曜日)

大阪市社会福祉研修・情報センター指定管理予定者選定会議の議事要旨

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

(3)申請団体

・名称      社会福祉法人大阪市社会福祉協議会・太平ビルサービス大阪株式会社共同体

・代表構成員 大阪市社会福祉協議会 

・代表者    理事 乾 繁夫

・住所      大阪市天王寺区東高津12番10号

(4)審査方法

申請団体に対してヒアリングを行い、申請書等の内容とあわせて総合的に評価し、採点しました。選定委員ごとに、以下の選定項目に分けて評価を行い、各々の項目の配点を満点として採点し、その合計点を算出しました。そして各委員の合計点の平均値を当該申請団体の得点としました。

なお、書類審査及びヒアリングにあたっては、審査過程において、恣意性が働かないように、申請団体の商号等を匿名としました。

(5)選定項目(配点含む)及び審査結果

審査結果
                                            選定項目  配点                 選定委員           得点
    A    B     C     D   合計    平均
      施設の設置目的の達成及び市民サービスの向上    35    31    28    28    32    119   29.75
                               管理運営費の縮減     50    30    39    35    40    144      36
                            申請団体に関する項目     5     5     5     5     5     20       5
                       社会的責任・市の施策との整合    10    10    10     8    10     38      9.5
                                              計   100    76    82    76    87     321   80.25

(6)選定理由

大阪市社会福祉研修・情報センターの指定管理予定者選定にあたっては、公募により申請を受付けたところ、社会福祉法人大阪市社会福祉協議会・太平ビルサービス株式会社共同体からの申請がありました。

大阪市社会福祉研修・情報センター指定管理予定者選定会議において、下記意見にお示ししたもののほか、社会福祉研修・情報センター条例第19条に規定している選定基準に基づき総合的に評価し、審査した結果、研修事業については熱意が十分に感じられ専門性が高い、これまでの実績やノウハウに基づいた提案があり、施設の目的を達成することが可能である等の意見が出されました。これらの議論を踏まえ、本市として、指定管理予定者として的確であると認められると判断しました。

【主な意見】

・受講料について、他都市の例を参考に、段階的にでももう少し高く設定してもよいのではないか。

・ホールの活用については、研修参加者をうまく巻き込み、協働により活用方法を検討してもよいのではないか。

・施設管理以外の経費削減については、今後、大阪市と協議を行いながら、具体的な数値目標等を策定し、取り組みを進めるよう期待する。

・来館者を増やすために、学校・NPOとの協働、図書の活用などを検討すべき。

(7)選定会議委員名・役職

淺野 幸子(公益社団法人大阪介護福祉士会会長)

石橋 研一(一般社団法人大阪府中小企業診断協会)

奥村 圭(日本公認会計士協会近畿会)

鈴木 大介(甲南女子大学総合子ども学科准教授)

(五十音順)

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 福祉局生活福祉部地域福祉課企画グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-7970

ファックス:06-6202-0990

メール送信フォーム