ページの先頭です

認知症高齢者緊急ショートステイ事業に係る公募型プロポーザル方式による選定結果について

2019年3月19日

ページ番号:324046

1 事業名称

認知症高齢者緊急ショートステイ事業(居室確保業務)
 契約期間 平成31年4月1日から平成33年3月31日
認知症高齢者緊急ショートステイ事業(コーディネート業務)
 契約期間 平成31年4月1日から平成33年3月31日

2 選定した委託予定事業者

〇認知症高齢者緊急ショートステイ事業(居室確保業務)
(北部)
 社会福祉法人大阪自彊館
(東部)
 社会福祉法人秀和福祉会
(西部)
 社会福祉法人亀望会
(東南部)
 社会福祉法人永寿福祉会
(西南部)
 社会福祉法人白寿会

〇認知症高齢者緊急ショートステイ事業(コーディネート業務)
 一般社団法人 大阪市老人福祉施設連盟

3 公募期間

平成31年2月1日から平成31年3月1日

4 学識経験者等の意見を聴取する選定委員による審査の結果

(1) 選定委員名簿(五十音順)

認知症高齢者緊急ショートステイ事業受託事業者選定会議

家髙 将明

学校法人玉手山学園 関西福祉科学大学 准教授

直木 愼悟

公益社団法人大阪社会福祉士会 会長

矢田 みゆき

一般社団法人 大阪府訪問看護ステーション協会 教育研修担当

(2) 選定委員会の開催日

平成31年3月13日

(3) 審査基準

〇認知症高齢者緊急ショートステイ事業(居室確保業務)

審査基準(居室確保業務)

評価項目

配点

1

<受託にあたっての基本方針(趣旨と目的の理解度)>

・業務の趣旨、目的を理解しているか

25点

2

<企画提案書>

・業務の目的を達するための取組の具体性

・業務を円滑に進めるにあたり十分な実施体制であるか

25点

3

<運営基盤>

・確実に遂行できる運営基盤であるか

10点

4

<施設職員の認知症に対する専門性>

・施設職員の内、認知症実践者、認知症実践リーダー、認知症指導者の配置状況

20点

5

<認知症高齢者の入所実績> 

・利用者の内、認知症高齢者の占める割合が高いか

10点

6

<社会貢献度>

・社会福祉法人等による生計困難者等に対する介護保険サービスに係る利用者負担額軽減制度事業を実施するなど、社会貢献活動の実績があるか。

10点

合  計

100点

〇認知症高齢者緊急ショートステイ事業(コーディネート業務)

審査基準(コーディネート業務)

評価項目

配点

1

<受託にあたっての基本方針(趣旨と目的の理解度)>

・業務の趣旨、目的を理解しているか

30点

2

<企画提案書>

・業務の目的を達するための取組の具体性

・業務を円滑に進めるにあたり十分な実施体制であるか

30点

3

<運営基盤>

・確実に遂行できる運営基盤であるか

20点

4

<法人に関する事項>

・高齢者福祉に関する実績があるか

20点

合  計

100点

(4)審査内容

ダウンロードファイル

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 福祉局高齢者施策部高齢福祉課認知症施策グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-8051

ファックス:06-6202-6964

メール送信フォーム