ページの先頭です

第2回研修会 バッチリ押さえる3時間~栄養改善・口腔ケア・リハビリの新常識~を開催しました!

2019年3月29日

ページ番号:443817

平成31年2月20日(水曜日)に開催した研修の配付資料データを掲載しました。

介護が必要になった原因は、食事とお口のお手入れだった?! 多職種と連携したアプローチって?! 現場で実践したくなるような知識・秘訣をご紹介します!

「体力がなくなって、食欲がなくて、食べられない」

「歩くとふらついて危ないので、入れ歯を調整しにいけない」

よくある話ですが、実は考え方が逆!!

 

適切な質と量の食事を摂っていないから、弱って体力が落ちるんです。

義歯を調整すれば、食べられることで筋肉量が増えるし、

奥歯に力を入れられるようになって歩く姿勢が安定するんです。

 

食事や口腔ケアは、毎日のことですが、軽く見ると要介護度がどんどん進んでしまうことがあります。

最近になって、これまでの常識をひっくり返すような研究結果も発表されています。

知っていれば、もっといろんな視点でアセスメントできるし

利用者さんにお元気になっていただくことができます。

 

現場で試してみたくなるような知識・秘訣を、事例を交えてわかりやすくお伝えします。

開催日時

平成31年2月20日(水曜日) 13:30~17:00

開催場所

中央区役所 7階 703・704会議室

(参考)中央区役所のご案内

対象

  • 地域包括支援センター
  • 居宅介護支援事業者
  • 地域密着型通所介護事業者

参加費

無料

定員

150名

第2回研修会プログラム及び資料

第2回研修会 開催チラシ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

1日3食 食べていても「低栄養」?! 常識、でも初耳の栄養学 栄養改善プログラムでこんなふうに変わります!

担当:健康局 健康づくり課 担当係長 大内田 由美(管理栄養士)

本当は怖い 歯と口が身体に及ぼす影響 明日から現場で役立つ 目からウロコ 歯と口の最新知識

担当:健康局・福祉局・こども青少年局 医務副主幹 蒲生 祥子(歯科医師)

利用者の方が元気になるためのアセスメント 利用者の方の強みを活かすケアプラン リハビリテーション専門職と上手く連携する秘訣

担当:福祉局介護保険課 保健副主幹 蕨野 由佳里(保健師)

研修資料

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

 “その人らしく“ いきいきと暮らしていただくために

担当:福祉局 高齢福祉課 担当係長 齊藤 和美(保健師)

研修資料

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

【参考】 第1回 研修会プログラム及び資料

第1回 研修会開催チラシ

1日3食べていても「低栄養」?! 常識、でも初耳の栄養学 栄養改善プログラムでこんなふうに変わります!

担当:健康局健康づくり課 担当係長 大内田  由美(管理栄養士)

厚生労働省 平成29年「国民健康・栄養調査」の結果~高齢者の健康づくりには、食事、身体活動に加えて、生活状況も踏まえた視点が重要~

  • 65歳以上の四肢の筋肉量は、男女とも、たんぱく質摂取量が多く肉体労働の時間が長い者ほど有意に増加
  • 外出していない男性の低栄養傾向の者の割合は、外出している者と比べて約20ポイント高い 他    

    厚生労働省ホームページ 

    https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177189_00001.html別ウィンドウで開く

本当は怖い 歯と口が身体に及ぼす影響 明日から現場で役立つ 目からウロコ 歯と口の最新知識

担当:健康局・福祉局・こども青少年局 医務副主幹 蒲生 祥子(歯科医師)

利用者の方が元気になるためのアセスメント 利用者の方の強みを活かす最強のケアプラン リハビリテーション専門職と上手く連携する秘訣 

担当:大阪市社会福祉協議会 地域福祉課 副主幹 加藤 敬子(理学療法士、主任介護支援専門員)

「したい」「できるようになりたい」を大切にした 自立支援型の支援

担当:福祉局高齢者施策部高齢福祉課 担当係長 尾原 ゆり子 (保健師)

研修資料

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

栄養改善・口腔ケア使えるサービスと介護予防が必要な理由

担当:福祉局高齢者施策部高齢福祉課 担当係長 齊藤 和美 (保健師)

研修資料

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

問い合わせ先

福祉局 高齢者施策部 高齢福祉課(在宅サービス事業担当)

電話:06-6208-9957

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 福祉局高齢者施策部高齢福祉課

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-8026

ファックス:06-6202-6964

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示