ページの先頭です

認知症の人がいきいきと暮らし続けるための社会活動推進事業

2019年8月13日

ページ番号:464494

事業の目的

 大阪市では、2018年(平成30年)2月に行った市長宣言「認知症の人をささえるまち大阪宣言」に掲げた「認知症の人がいきいきと暮らし続けることができるまちづくり」の実現に向け認知症施策を総合的に推進しております。

 このたび、認知症の人の生きがいや居場所づくりを支援するため、認知症の人の社会活動を推進するための拠点「大阪市認知症の人の社会活動推進センター(愛称:ゆっくりの部屋)」を令和元年7月31日(水)より開設します。

 ここでは、認知症の人自らが認知症の人やその家族の相談や意見交換を行う「ピアサポート」を行うとともに、認知症の人の雇用が拡がるよう企業等の意識を高めるための必要な啓発活動等を行うことにより、認知症の人の社会活動の機会を拡げる取組みを推進します。

事業の内容

(1)社会活動拠点の設置(常設) 

 認知症の人の生きがいや居場所づくりのための拠点を常設します。

(2)認知症の人によるピアサポート

 常設する社会活動の拠点や病院等で認知症の人がピア活動を行い、認知症の人やそのご家族のニーズや課題を共有し、支え合い、認知症の人のやそのご家族の精神的負担の軽減や認知症の人の社会参加につなげる支援を行います。

(3)社会活動の支援

 店舗の運営やボランティア活動など認知症の人の生きがいや居場所づくりを支援するため、認知症の人自らが社会の中で役割を得て活動する場の創出に取り組みます。

(4) 認知症への社会の理解を深める広報・啓発業務

 認知症に関する様々な情報を広く発信することや拠点での活動やピアサポートなどから抽出したニーズや課題を社会に向けて発信することにより、認知症への理解を深めて行きます。

(5)社会活動に関する調査・研究

 認知症の人の社会活動に関する調査・研究を行い、認知症の人の雇用が拡がるよう企業等の意識を高めるための必要な啓発活動を行うことにより、認知症の人の社会活動の機会を拡げる取組みを推進します。

事業の実施について

実施場所

大阪市天王寺区堂ヶ芝1丁目2番2号 冨士ハイツ102号

 

開所日時

毎週水曜日~土曜日の11時~17時

毎月第2、第4、第5日曜日の13時~19時

(祝日、夏季及び年末年始を除く)

※令和元年7月31日水曜日から開所いたします。

    令和元年8月13日(火曜日)~8月16日(金曜日)は夏季休業日といたします。

対象者

認知症と人とその家族のほか、認知症に関心がある人

実施法人(委託法人)

公益社団法人 認知症の人と家族の会

問合せ先

公益社団法人 認知症の人と家族の会 大阪府支部

電話番号:06-4303-3301

(問合せ可能時間は上記開所日時と同じ)

FAX:06-4303-3302

E-mail:yukkuri-osaka@ak.wakwak.com

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 福祉局高齢者施策部高齢福祉課認知症施策グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-8051

ファックス:06-6202-6964

メール送信フォーム