ページの先頭です

【令和2年4月1日~令和3年3月31日】被保護高齢者世帯支援プログラム担当職員(会計年度任用職員)の募集について(福祉局生活福祉部保護課)

2019年12月2日

ページ番号:486458

令和2年4月1日任用の生活保護関係業務を行う会計年度任用職員を次のとおり募集します。

また、年度途中(令和2年5月から令和3年3月まで)の任用予定者の登録も同時に行います。

【1】募集する職種・募集人数

被保護高齢者世帯支援プログラム担当職員・54人程度

【2】業務内容

生活保護を受給している高齢者(以下「被保護高齢者」という。)が、日常生活及び社会生活において自立した生活ができるよう、個々の被保護高齢者に自立支援プログラムによる必要な支援を行います。具体的な業務内容は次のとおり。

  • 被保護高齢者の生活状況の把握・分析
  • 自立支援プログラムの選定・導入
  • 被保護高齢者の支援体制の構築
  • 地域の支援者との調整
  • その他、上記に付随するケースワーカー補助業務等

業務内容概要

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

【3】応募要件

令和2年4月1日現在、次のすべてに該当する者

  1. 社会福祉主事任用資格を有する者
  2. OA機器の操作や、Word・Excel等を使用して文書作成・集計作業等の基本操作ができる者(資格不問)
  3. 地方公務員法第16条各号に該当しない者

【留意事項】

  • 年齢、学歴は問いません。
  • 日本国籍を有しない方も受験できます。ただし、日本国籍を有しない方で、就職が制限されている在留資格の方は採用されません。

地方公務員法第16条(抜粋)

 次の各号のいずれかに該当する者は、条例で定める場合を除くほか、職員となり、又は競争試験若しくは選考を受けることができない。

  1. 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
  2. 当該地方公共団体において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
  3. 人事委員会又は公平委員会の委員の職にあって、第60条から第63条に規定する罪を犯し、刑に処せられた者
  4. 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

【4】勤務条件等

  • 勤務場所:いずれかの区保健福祉センター
  • 勤務時間:週30時間(1日 7時間30分×週4日)
  • 休暇:年次有給休暇(12日)、その他特別休暇
  • 雇用期間:令和2年4月1日から令和3年3月31日まで
  • 報酬月額:140,940円~204,624円(※1)
  • 期末手当:320,638円~465,519円(※2)
  • 年収見込:2,011,918円~2,921,007円
  • その他手当:通勤手当等の支給あり
  • 報酬支給日:月末締め、当月17日払い(支給日が休日等に該当する場合はこの限りではありません。)
  • 社会保険:健康保険、厚生年金、雇用保険あり

(※1) 採用されるまでの職歴等によって記載の範囲内で決定されます。
(※2) 1年目は2.275月分ですが、2年目以降は2.6月分となります。また、期末手当は6月30日、12月10日に支給(支給日が休日等に該当する場合はこの限りではありません。)されます。

【5】応募手続

持参による申込受付は行いませんので、次の3点の書類等を、角形2号封筒(封筒の表に「会計年度任用職員(被保護高齢者世帯支援プログラム担当職員)申込書在中」と朱書きのこと。)に入れ、簡易書留や特定記録等の配達の確認が可能な方法により、下記の住所あて送付してください。
なお、簡易書留等以外の方法により送付された場合の事故については責任を負いません。また、送料不足の場合は受け付けません。

  1. 「採用申込書(両面印刷、過去3ヶ月以内に撮影した上半身、正面、脱帽の写真を貼付)」
  2. 受験案内送付用の「定型封筒(長形3号封筒に返信先の郵便番号、住所、氏名を記載し84円分の切手を貼付)」
  3. 「社会福祉主事任用資格を有することが確認できる書類」
    ※社会福祉主事任用資格証明書、履修済科目・卒業の事実が記載された大学等の証明書、講習会等修了証明書 など

送付先:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号
      大阪市福祉局 生活福祉部 保護課

参考:社会福祉主事任用資格の取得方法

社会福祉主事任用資格を有するには、次のいずれかに該当することを要します。

  1. 大学や短期大学において厚生労働大臣が指定する科目のうち3科目以上修めて卒業すること。(指定科目については、厚生労働省ホームページを参照のこと別ウィンドウで開く。)
  2. 全社協中央福祉学院社会福祉主事資格認定通信課程又は日本社会事業大学通信教育科による通信課程、厚生労働大臣の指定する養成機関又は都道府県等講習会の課程を修了すること。
  3. 社会福祉士又は精神保健福祉士

保護課採用申込書

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

【6】応募期限

令和2年1月8日(水曜日必着 ※持参不可

【7】第1次試験選考方法・日時・会場

  • 内容:筆記(論文)試験
  • 日時:令和2年1月22日(水曜日)
  • 場所:大阪市西成区役所(予定)
  • 試験の日時等の詳細については、令和2年1月14日(火曜日)頃に送付する受験案内により申込者本人あてに通知します。なお、令和2年1月17日(金曜日)までに受験案内が届かない場合は、福祉局生活福祉部保護課((06)6208-8011)あてに連絡してください。

【8】第2次試験選考方法・日時・会場

  • 内容:口述(面接)試験
  • 日時:令和2年2月25日(火曜日)から2月26日(水曜日)までのいずれかの予定
  • 場所:大阪市役所(予定)
  • 試験の日時等の詳細については、第1次試験の合格者に対して、第1次試験結果の通知とあわせて受験案内を送付します。

【9】結果結果の発表

  • 第1次試験結果は令和2年2月19日(水曜日)頃に、合否に関わらず受験者本人あてに文書で通知します。
  • 第2次試験結果は令和2年3月9日(月曜日)頃に、合否に関わらず受験者本人あてに文書で通知します。
  • なお、電話等でのお問い合わせにはお答えできません。

【10】募集要項・採用申込書の配布場所

大阪市福祉局生活福祉部保護課(大阪市北区中之島1丁目3番20号 市役所2階)まで受け取りに来ていただくか、大阪市役所ホームページから取得してください。

【11】その他

  • この試験において提出された書類等は、受付後返却しません。
  • 受験に際して大阪市が収集した個人情報は職員採用試験の円滑な遂行のために用い、大阪市個人情報保護条例に基づき適正に管理します。

募集要項

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

このページの作成者・問合せ先

大阪市 福祉局生活福祉部保護課保護グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-8012

ファックス:06-6202-0990

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示