ページの先頭です

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて(その2)

2020年5月29日

ページ番号:501681

要介護・要支援認定期間の延長のお知らせ

  今般、新型コロナウイルス感染症の拡大防止を図る観点から、令和2年4月7日付け厚生労働省事務連絡「新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて(その4)」に基づき、要介護(要支援)認定の更新申請に限り、現在の有効期間を延長することとします。

 今後の対応については、新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ検討しますので、本市の対応等を変更しましたら、本市ホームページ等でお知らせいたします。

 

対象者

 要介護(要支援)認定の更新申請の方(認定の有効期間満了前の被保険者)

 

認定有効期間の延長

 要介護・要支援状態区分は現状のままで、要介護度に応じて、従来の期間に新たに12か月までの範囲内で、有効期間を延長します。

 

認定有効期間延長までの流れ

 ・ 有効期間満了日の概ね60日前に対象者へお知らせ文を送付します。

 ・ 今回の措置より更新申請の方の認定調査は実施しません。

 ・ また、主治医意見書についても依頼は行いませんので、更新のために医療機関を受診する必

  要はありません。

 ・ 新たな有効期間を記した「被保険者証」と「要介護認定・要支援認定結果通知書」を有効

  期間満了日の前月中にお送りします。被保険者のお手元にある被保険者証は、新しい被保

  険者証が届くまで保管してください。

 

新規申請及び区分変更申請

 新規申請や区分変更申請は通常どおり認定調査や主治医意見書は必要となりますので、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いします。

介護給付費の請求について

(1)給付費明細書への記載について
 介護(介護予防)サービス及び総合事業サービスを利用した際、利用月の翌月10日までに大阪府国民健康保険団体連合会へ給付費明細書を送付し介護給付費等の請求をおこなっていただいておりますが、その給付費明細書に記載する認定有効期間については、被保険者から提示のあった介護保険被保険者証に記載されている認定有効期間を給付費明細書へご記入いただき請求を行ってください。(認定有効期間に相違があっても請求はエラーとなりません。)

(2)区分変更申請中の利用者について
 区分変更申請中の利用者の介護給付費の請求は大阪府国民健康保険団体連合会の審査において請求エラーとなります。

介護保険 要介護・要支援認定

厚生労働省 事務連絡

問い合わせ先

〒557-0024 大阪市西成区出城2-5-20 認定事務センター 3階

大阪市福祉局高齢者施策部介護保険課認定グループ

TEL:06-4392-1727

FAX:06-4392-1732

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

似たページを探す

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 福祉局高齢者施策部介護保険課認定グループ

住所:〒557-0024 大阪市西成区出城2-5-20(大阪市認定事務センター)

電話:06-4392-1727

ファックス:06-4392-1732

メール送信フォーム