ページの先頭です
メニューの終端です。

「区長に届けみんなの声、そして小さな声」ご意見及び回答(平成30年10月~11月分)

2020年3月31日

ページ番号:449714

ご意見要旨

JR環状線、快速電車の停車の運動をしてほしい。
野田から西九条間で停車し、時間待ちをするのであれば、野田駅で停車した方が有効だと思います。

回答

以前から 「JR環状線(野田駅)の快速電車の停車」につきましては同様のご意見をいただいており、区役所からも要望としてJR西日本旅客鉄道株式会社にはお伝えしております。
しかしながら、快速の停車駅については、利用状況や速達性、ダイヤ体系などを総合的に勘案し決定されているところであり、野田駅は環状線内の他の駅に比べて一日の乗降者数が少ないことから「快速を停車させる計画はない」との回答をいただいております。
区役所といたしましては、現在のところ本件の実現に向けて取り組むことは難しいと考えておりますが、野田駅への快速電車の停車を希望されるご意見を頂戴いたしましたことは、JR西日本旅客鉄道株式会社に要望としてお伝えさせていただきます。
なお、JR西日本旅客鉄道株式会社ではメールほかお電話でも「JR西日本へのお問い合わせ、ご意見・ご要望」を受け付けておられますので、ご検討くださいますようお願いいたします。

ご意見要旨

生活保護世帯は親の都合で子どもに不自由な思いをさせている世帯も多いと思う。
働かずに保護費をもらえてラッキーなどという考え方はありません。
子どもが成長していく間、こども医療証、ひとり親家庭医療証など他の家庭と同じように保険証がほしいです。

回答

お申し出いただきました内容を本市福祉局およびこども青少年局へお伝えしましたところ、次のとおり回答を得ております。

  • 福祉局

生活保護世帯について医療証を発行してほしいとの件についてですが、生活保護法における医療扶助による診察、医学的処置、手術等の診療の給付は、国の定める医療扶助運営要領において、医療券を発行して行うものとされていることから、市町村等において独自の医療証等を発行することはできません。

  • こども青少年局

本市では、こども医療費助成制度を実施し、お子さまが医療機関等で診療を受けた場合に、保険診療が適用された医療費の自己負担の一部を助成しています。ひとり親家庭医療費助成制度は、ひとり親家庭の方が医療機関等で診療を受けた場合に、保険診療が適用された医療費の自己負担の一部及び入院時の食事療養にかかる自己負担(標準負担額)を助成しています。これらの制度につきましては、法律等に基づく国の制度ではなく、大阪府の補助のもと、本市の事業として実施しています。
そのため、生活保護など、その他国などの公費負担によって医療費の全額支給を受けることができる方は本制度の対象ではないため、医療証の発行はできません。

以上、ご理解くださいますよう、よろしくお願いします。

ご意見要旨

区内の公園で藤棚の下にホームレスが居ついている。
3年程前からで近頃は一日中居すわっている。公園は多くの市民が利用する所だから占有されると他の人が利用しづらい。
また、猫に餌を与えるのも困っている。
リュックやバッグを広げ、石の椅子面にごろんと寝転がられると全く利用できない。
毎日のことになってきているので声をかけて居すわることを止めさせてもらいたい。
公園の公的利用から考えて占有はよくない。

回答

お申し出いただきました内容を本市建設局および福祉局へお伝えしましたところ、「区内の公園でホームレスが藤棚の下に居ついている」ことは両局とも確認しておりますとのことでした。

  • 建設局

お申し出の公園にホームレスが藤棚の下に居ついていて、市民が公園の利用がしにくい状況であることは確認しております。また、猫への餌やりにつきましては、餌やり行為そのものは禁止しておりません。但し、給餌を行う場合は、食べ終わるまでその場で見守り、食べ終わったあとはすみやかに後始末等の一定のルールを守っていただき、また繁殖防止のための避妊去勢手術を行うよう啓発しておりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。
これまで公園内にテント、小屋掛けを行い起居するホームレスに対しては、本人の健康状態、自立の意思の確認などのため面談を行い、あくまで就労に向けた支援や福祉的援助に繋げることを最優先し、話し合いを重ねており、テント、小屋掛けを撤去するだけではホームレスが場所を変えて再び同様の生活を繰り返す可能性が高く問題の解決にはならないと考えています。
また、新たなテント、小屋掛けを行い起居するホームレスを生み出さないためにも本公園はもとより、管内各公園において移動しながら生活をするホームレスへも関係機関と連携しながら各種支援に繋ぐための取り組みも進めております。

  • 福祉局

ホームレスの方々に就労による自立を支援するために「巡回相談事業」を実施しており、相談員が市内各所を巡回してホームレスの生活や健康、悩み等について、面談による相談を実施しており、就労意欲のある方には自立支援センターへの入所に繋げる支援を実施しております。
しかしながら、お申し出いただいたホームレスの方についても、以前から巡回相談員が継続的にご本人と面談を実施しておりますが、現在のところ支援に結び付けることができておりません。

本市といたしましては、今後も引き続き関係機関同士がそれぞれ連携し、取り組みを強化することで安心して快適に過ごしていただける公園づくりに努めてまいりますので、今後ともご理解、ご協力を賜りますようお願いします。

ご意見要旨

江成公園が台風21号の後、枝がある状態で、子どもたちが遊ぶことが難しいです。
公園の隣に幼稚園や図書館などがあり、子どもがよく公園を利用しています。
早く安全な状態になるよう撤去をお願いします。

回答

お申し出いただきました内容を本市建設局へお伝えしましたところ、次のとおり回答を得ております。
お申し出の江成公園で、台風21号後の木の枝がまだ回収できていないことは把握しております。
9月30日の時点で、太い幹以外の枝等全て回収しました。
太い幹の回収につきましては、もうしばらくお時間をいただきますが、ご理解よろしくお願いいたします。

ご意見要旨

福島区内で家が崩壊して道路に出ています。
歩行者が大変困っていますので、至急処理してください。
長い間放置されています。

回答

当区では、空家等対策の推進に関する特別措置法に基づき、周辺の生活環境に悪影響を及ぼさないよう、空家等の適切な管理に努めなければならない空家等の所有者又は管理者に対し、情報の提供や助言等を行うよう努めております。
特に、そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態等その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態にあると認められる空家等(以下「特定空家等」)の所有者等に対しましては、当該特定空家等に関し、周辺の生活環境の保全を図るために必要な措置をとるよう助言又は指導等を行っております。
また、お申し出いただきました当該家屋につきましては、区役所といたしましても被害状況は把握しており、今後も引き続き、関係局と連携を図りながら特定空家および危険家屋等の所有者または管理者に対し、周辺の生活環境の保全を図るために必要な措置をとるよう助言又は指導等を行ってまいります。

ご意見要旨

1階のボールペンが出ないものが多いです。

回答

この度は点検が行き届かず、誠に申し訳ございませんでした。
早速点検を行い、インクが出なくなったボールペンを交換いたしました。
今後につきましても、定期的に点検を行うなど、区民の方に快適にご利用いただけるように努めてまいります。

ご意見要旨

フッピィキッズを週に一度でなく、せめて週に2回から3回に増やしてほしいです。
また、ホッと広場も3回ではなく、月齢別でもいいのでもっと行けるようにしてほしいです。

回答

フッピィキッズルームそしてホッと広場をご利用いただきありがとうございます。
いただきましたご意見について、次のとおり回答させていただきます。

  • フッピィキッズルームについて

フッピィキッズルームは金曜日に区役所で開催していますが、福島区内では子ども子育てプラザ、キリンさんのおうち、よちよちランド、子育て支援センター、地域の子育てサロンなど複数の場所で同様の事業が実施されておりますので、そちらもご利用ください。
なお、フッピィキッズルームでは、サロン訪問なども行っておりますので、身近な地域の施設を体験していただく機会になればと思います。

  • ホッと広場について

「ホッと広場」は、より効果を上げるために少人数での開催としております。より多くの方が参加できるようにするための参加回数限定ですので、ご理解のほどよろしくお願いします。
なお、3回終了後は、子育て支援施設等のご紹介や保健師等による相談で継続的に支援させていただきますので、ご相談ください。

ご意見要旨

区内にある大阪環状線高架下が完全に放置状態で、粗大ごみ等の不法投棄や壁にはスプレーやペンキによる落書きなどがあり、ひどい環境にあります。
不良のたまり場になったり、不審火などがあるかと思うと不安でなりません。
完全に封鎖するか何か対策をしていただけないでしょうか。

回答

お申し出いただきました内容をJR西日本旅客鉄道株式会社へお伝えしましたところ、次のとおり回答を得ております。

このたびは、大変ご迷惑をおかけいたしまして、誠に申し訳ございません。
ご指摘をいただきました箇所につきましては、弊社でも問題がある箇所として認識をしており、法的措置などを含め、今後の対応方の検討を行っているところでございます。ご心配をおかけいたしまして申し訳ございません。
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。ご迷惑をおかけしておりますことを、重ねてお詫び申し上げます。
今後ともJR西日本をご利用いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 西日本旅客鉄道株式会社
 CS推進部 JR西日本お客様センター

ご意見要旨

区内にある公園のホームレス占有の件です。
違法ではなく本人の意思も確認しているとのことですが、区役所として今後どう対応するつもりかわからない。
もう何年も放置状態で一般住民が利用できないこと、占有が当たり前になっていることに対する対応に不信感がある。
再度今後の対応について回答を求めます。

回答

お申し出の件につきまして区役所としましては、当該公園の状況を適宜確認し、状況に応じて、ホームレスの自立支援を担う福祉局と、公園管理を担う建設局と密に連携してまいりますので、ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。

ご意見要旨

JR西九条駅をよく利用します。
観光客らしき外国人が切符売り場で大勢が切符の買い方を知らないのか長時間滞在し、予定の電車に乗れないことが度々あります。係員は対応しません。切符を買うのに20から30分かかることもあります。
JRに善処するよう申し入れてください。

回答

お申し出いただきました内容をJR西日本旅客鉄道株式会社へお伝えしましたところ、次のとおり回答を得ております。

いつもJR西日本をご利用いただきまして、ありがとうございます。お客様からいただきました貴重なご意見に対し、回答させていただきます。
近年、海外からお越しのお客様が増加傾向にあり、不慣れなお客様が多くご利用いただいているため、券売機できっぷをご購入いただくお客様に、大変ご不便をおかけいたしまして、誠に申し訳ございません。
弊社では、お客様の状況をお察しし、迅速、正確な応対に努め、また券売機のお客様の混雑状況を見ながら駅係員がご案内はしておりますが、このたびは至らず、お詫び申し上げます。
このたびのご指摘を受け、今後もスムーズな対応を行うよう、係員の対応改善に努めてまいりますので、何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
なお、弊社では、みどりの券売機など各種販売機器を整備することでお客様をお待たせしないための取り組みを行っております。西九条駅におきましても、みどりの券売機を設置いたしておりますので、よろしければ、ご利用いただければ幸いでございます。
このたびお客様から頂戴いたしました貴重なご意見は、今後のサービス改善の参考にさせていただきます。貴重なご意見を賜りまして、ありがとうございました。
今後ともJR西日本をご利用いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 西日本旅客鉄道株式会社
 CS推進部 JR西日本お客様センター

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市福島区役所 企画総務課企画推進グループ

〒553-8501 大阪市福島区大開1丁目8番1号 4階

電話:06-6464-9683

ファックス:06-6462-0792

メール送信フォーム