ページの先頭です
メニューの終端です。

令和2年度「福島区地域住民による安心・安全・快適駅前構築事業」にかかる公募型企画競争方式(プロポーザル方式)の選定結果について

2020年3月6日

ページ番号:461110

1 案件名称

福島区地域住民による安心・安全・快適駅前構築事業業務委託

契約期間 令和2年4月1日(水曜日)から令和3年3月31日(水曜日)まで

2 選定した委託予定事業者

上福地活協

3 公募期間

令和2年1月14日(火曜日)から令和2年2月3日(月曜日)

4 学識経験者等の意見を聴取する選定委員による審査の結果

(1)選定委員名簿(敬称略)

選定委員名簿
委員氏名  役職等
小野 達也桃山学院大学社会学部社会福祉学科大学院社会学研究科 教授
相川 康子特定非営利活動法人NPO政策研究所専務理事
増田 裕子新東三国地域活動協議会副会長

(2)選定委員会の開催日 

令和2年3月2日(月曜日)


(3)審査基準

審査基準
審査項目 審査内容 配点 
 実行性

・提案内容を確実に遂行できる運営基盤を持ち、過去に同様な事業を手掛けた実績を持っているか。
・提案内容が区の事業趣旨に沿っているか。

15点
地域性

・地域人材の活用と地域資源の循環が見込まれるか。                                      ・地域の課題を的確にとらえ、その解決を目的としているか。                           ・地域住民自らが主導し、実践する体制となっていいるか。
・地域社会の自立、活性化につながるか。

30点
 現実性・予算や事業計画の立て方に無理がなく、人員配置等も無理のない実現可能な提案となっているか。
・実際に地域が参加できる事業内容であるか。
20点
 効率性・提案内容に比べて提案金額の積算が妥当になされているか。10点
 効果性

・地域コミュニティの活性化に効果があるか。    
・地域内への経済効果が期待できるか。                                        ・他地域への波及効果が期待できるか。                                        ・放置自転車啓発指導員の配置時間帯、配置箇所、撤去活動との連携等がわかりやすく提案されており、放置自転車台数の削減効果や市民の安全・安心のまちづくりに期待できる提案内容となっているか。

25点
 合計 100点

(4)審査を行った事業者

上福地活協  全1者

(5)審査の結果

別紙のとおり

選定結果

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

福島区役所 企画総務課 まち魅力推進グループ
電話: 06-6464-9906 ファックス: 06-6462-0792
住所: 〒553-8501 大阪市福島区大開1丁目8番1号(福島区役所4階)

メール送信フォーム