ページの先頭です
メニューの終端です。

令和元年度 淀川筋・防潮筋合同水防訓練が行われました

2019年5月23日

ページ番号:470521

組合創立100周年記念水防訓練

 令和元年5月16日(木曜日)に、枚方市三矢地先の淀川河川敷において、組合創立100周年記念水防訓練が行われました。

 水防訓練は、出水期、台風期に備え、水防団員の士気を高揚するとともに水防技術の錬磨と団体行動の修練を図ることを目的として毎年実施され、約400名の水防団員が参加しています。

 福島区から淀川筋鷺洲分団、防潮筋福島第1分団・第2分団から30名が参加し、訓練を通じて技術向上・習熟を図りました。

 水防団は、平素より堤防の巡視など含め、区民のみなさまの安全を守るべく努めています。

土のう作り

 水防作業の基本となるもので、各種工法に幅広く使用されています。従来はわら叺が使用されていましたが 、最近はわら叺が入手しにくくなったため、化学繊維(PP)のものが多く使われています。


全分団員による
土のう作り

水防マット工

 堤防川側斜面の比較的小さな深掘れを防止する工法で、既成のT型マットの下部に重り土のうを結びつけ、上部にパイプを取り付け、崩壊箇所にあて、上部の口から土のうを流し込む、比較的新しい工法です。


鷺洲分団による
水防マット工訓練


水防マット工完成

積土のう工

 堤防から水があふれるのを防止する工法で、土のうを堤防上面に積み上げることにより、越水を防止するもので、水防工法のうちで最も基本となる工法です。

福島第1分団
第2分団による
積土のう工訓練


水マット工完成

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市福島区役所 市民協働課市民協働グループ

〒553-8501 大阪市福島区大開1丁目8番1号 5階

電話:06-6464-9734

ファックス:06-6464-9987

メール送信フォーム