ページの先頭です
メニューの終端です。

高齢者等の孤立を防ぐ、民生委員の取組み

2018年12月26日

ページ番号:214458

区役所が保有する支援が必要な方の個人情報を民生委員と共有します。

誰もが安心して暮らせるように!

全国的に高齢者や障がいをお持ちの方が、誰にも気づかれることなくお亡くなりになるという、痛ましい事例が相次いで報道されています。このようなことを防ぐには、近隣住民をはじめとした多くの方々による見守り、安否確認がとても重要です。

東成区では、民生委員(※)の方々が高齢者宅を友愛訪問するなど、見守り活動に取り組まれています。これらの活動がより活発になり、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるために、当区において、平成25年度に「おまもりネット事業を活用した高齢者・障がい者等支援セーフティネット構築事業」を実施します。

この事業に関連して、区役所が保有する支援が必要な方の個人情報を民生委員に提供し、普段からのつながりづくりを進めます。

民生委員へ提供する情報
 対象者 介護保険の要介護・要支援認定者、緊急通報システム利用者
 提供する情報 名前、住所

また、今後、難病患者や障がいをお持ちの方については、ご本人の意向を区役所が確認したうえで民生委員へ情報を提供していきます。

これらの情報をもとに、民生委員が伺う場合がありますので、ご理解をお願いします。

 

 

※民生委員とは

民生委員法に基づき厚生労働大臣から委嘱された者で、お年寄りや体の不自由な方の福祉に関する相談に応じたり、必要な専門機関の紹介などをしています。

民生委員には法で守秘義務が課せられており、知り得た情報は適切に取り扱われています。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

東成区役所 保健福祉課
電話: 06-6977-9908 ファックス: 06-6972-2781
住所: 〒537-8501 大阪市東成区大今里西2丁目8番4号(東成区役所2階)