ページの先頭です
メニューの終端です。

東成区役所保健福祉課(児童・保健担当)における保健関係補助業務非常勤嘱託職員要綱

2019年4月1日

ページ番号:334212

東成区役所保健福祉課(児童・保健担当)における保健関係補助業務非常勤嘱託職員要綱

(目的)
第1条 この要綱は、「大阪市非常勤嘱託職員要綱」に基づき委嘱される東成区役所保健福祉課(児童・保健担当)における保健関係補助業務非常勤嘱託職員(以下、「保健関係非常勤嘱託職員」という。)について、必要な事項を定めることを目的とする。

(委嘱)
第2条 保健関係非常勤嘱託職員は、次のいずれかに該当する者の中から、筆記試験または論述試験、面接試験の内容を総合的に勘案して任用する。
(1)保健衛生分野に関する業務経験を有する者が望ましい
(2)市民へ適切な対応を行うために必要な技能を有する者
(3)前各号に準ずる者であって、第4条に規定する業務を遂行するに必要な知識及び能力を有する者
2 保健関係非常勤嘱託職員の委嘱は、市長が行うものとする。

(委嘱期間)
第3条 保健関係非常勤嘱託職員の委嘱期間は、1年以内とする。ただし、本市の公務運営上、更新することがある。

(業務)
第4条 保健関係非常勤嘱託職員の業務は、別添のとおり定める。

(勤務)
第5条 保健関係非常勤嘱託職員の勤務時間、その他の勤務条件は、別添のとおり定める。
2 保健関係非常勤嘱託職員の休憩時間等は、正規職員の例による。
3 保健関係非常勤嘱託職員は、病気その他の理由により業務に従事できないときは、すみやかにその旨届出しなければならない。

(報酬等)
第6条 報酬の支給及び費用弁償については、別添のとおり定める。

(実施細目)
第7条 この要綱の実施について必要な事項は、東成区長が定める。

附則
この要綱は、平成27年7月1日から施行する。

この改正要綱は、平成29年7月21日から施行する。

この改正要綱は、平成30年4月1日から施行する。

この改正要綱は、平成31年4月1日から施行する。

東成区役所保健福祉課(児童・保健担当)における保健関係補助業務非常勤嘱託職員要綱

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市東成区役所 保健福祉課健康推進

〒537-8501 大阪市東成区大今里西2丁目8番4号(東成区役所2階)

電話:06-6977-9882

ファックス:06-6972-2781

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示