ページの先頭です
メニューの終端です。

大成地域で「障がい者の見守り活動」を考えるワークショップを開催しました

2018年12月27日

ページ番号:335504

「障がい者の見守り活動」を考えるワークショップを開催しました

12月11日、大成地域において「障がい者の見守り活動」をテーマに取り上げ、障がい者理解を深めるとともに見守り活動の充実を図るため、専門家や障がい当事者を交えたワークショップを行いました。

当日は、民生委員、町会長、女性会(ネットワーク委員)約20名の方々が参加されました。まずはじめに、大阪教育大学の新崎先生に「障がい者等の見守り活動の意義」をテーマにお話を伺いました。「公助・共助・近助・自助という4つの支えあいが必要です」「見守りは、声を掛けるだけでもOKです」「難しいことを考えず、専門職につなぐという役割を意識してください」等といったアドバイスがありました。

続いて、大阪手をつなぐ育成会中央支援センターの数見さんと知的障がいをお持ちの当事者とそのご家族のお話を伺いました。当事者の方は「声を掛けていただくことが一番ありがたいです」「高齢者も障がい者も住みよいまちになってほしいです」と話されていました。一方、数見さんからは「(支援の中で)困ったことや気づかれたことがあれば気軽にご連絡ください」と、地域の支援者と専門職が協力し障がい者を支えていくことの必要性について話されました。

今回のワークショップが、地域と関係施設(事業所)が協力し障がい者を支えていくきっかけとなるのではないでしょうか。



         ワークショップの様子


          ワークショップの様子

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市東成区役所 保健福祉課介護保険・高齢者福祉

〒537-8501 大阪市東成区大今里西2丁目8番4号(東成区役所2階)

電話:06-6977-9859

ファックス:06-6972-2781

メール送信フォーム