ページの先頭です
メニューの終端です。

今里地域で「障がい者の見守り活動」を考えるワークショップを開催しました

2018年12月27日

ページ番号:343462

「障がい者の見守り活動」を考えるワークショップを開催しました

2月16日、今里地域において「障がい者の見守り活動」をテーマに取り上げ、障がい者理解を深めるとともに見守り活動の充実を図るため、専門家や障がい当事者を交えたワークショップを行いました。

当日は、地区の民生委員や町会長、女性会の方々など約20名が参加されました。まずはじめに、大阪教育大学の新崎先生に「障がい者等の見守り活動の意義」をテーマにお話を伺いました。その中で、先生は「偏見は少なからず誰もが持っているもの。偏見に気付き、少なくしていくことが必要です」「これからは目配り、気配り、心配りができ、他人の困りごとをほっておけない“よいお節介”が必要です」「専門職と連携し、障がい者にやさしいまちづくりを進めてください。」などと話されました。

次に、この日ご参画いただいたNPO法人サラダ倶楽部東成工房から、障がい者を取り巻く状況や施設での取り組みなどについてお話がありました。また、施設を利用されている障がいをお持ちの当事者の方々が音楽劇を披露してくださいました。日々の練習により作り上げられたすばらしいステージに、参加者からは盛大な拍手が送られました。

最後に、障がい当事者の方々も含めた意見交換を行いました。その中で、当事者のお一人は「サポート(支援)より温かい声掛けが一番ありがたいです」と、身近な地域でのコミュニケーションやつながりの大切さを話されていました。障がい当事者と身近に接する良い機会であったとともに、障がい者施設(専門職)と地域の活動者が連携していくきっかけになったのではないでしょうか。


        ワークショップの様子


       ワークショップの様子

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市東成区役所 保健福祉課介護保険・高齢者福祉

〒537-8501 大阪市東成区大今里西2丁目8番4号(東成区役所2階)

電話:06-6977-9859

ファックス:06-6972-2781

メール送信フォーム